2018年の中国の春節(春节,旧正月)は、2月16日(金)

インバウンド関連に携われる方にとって、常識となりつつある言葉の一つが中国の旧正月を意味する「春節」ですね。旧暦の1月1日を春節と呼び、そこから一週間前後の大型連休がスタートします。大半の方は実家へ帰省するのですが、近年海外でも過ごす方も急増したことで、日本への渡航も増え、注目されているわけです。



2018年の春節

2018年は2月16日(金)が春節、旧暦の1月1日です。

そもそも中国の旧暦とは?

1644年に清が制定した時憲暦を指すようです。詳しいことはわからないのですが、1年が約354日前後で構成されているため、現在世界で使用されているグレゴリオ暦と比べ、11日少ないため、毎年春節の日付は変わるんですね。

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。最近では、春節や国慶節に限らず、年間を通して、観光客は多いので、春節に特別な取り組みをする必要があるのかと懐疑的な方も多いのではないかと思います。しかし、春節期間は航空券が高騰することもあり、海外渡航するのは富裕層が占める割合が高いのではないかと考えられますし、自ずと財布の紐も緩くなる方が多いことも考慮すると、春節はインバウンド市場にとっては大切な日だと思います。