2018年8月の訪日外国人数と中国人観光客数

2018年9月19日発表の日本政府観光局(JNTO)の推計値によると、2018年8月の訪日外国人数は、257万7,800人(前年比4.1%増)で、そのうち中国人観光客数は86万人(前年比4.9%増)。全体の33.3%を占め、国別では5ヵ月連続で第1位となっています。



1日当たりの中国人観光客数は、31日で割ると2万7,741人、2018年7月と比較すると、1日あたり617人の減少となっています。

直近6ヵ月の中国人観光客数

2018年8月 860,000人(前年比4.9%増)
2018年7月 879,100人(前年比12.6%増)
2018年6月 760,900人(前年比29.6%増)
2018年5月 668,600人(前年比29.3%増)
2018年4月 683,400人(前年比29.2%増)
2018年3月 594,900人(前年比16.9%増)

データ引用元

JNTO https://www.jnto.go.jp/
統計データ https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/

編集後記

勝手な感想で毎度恐縮です。7月に続いて、前年比に対する伸び率が鈍化しているのが否めないように思います。特に韓国人観光客の減少が著しいです。中国人観光客は前年に対してはまだ伸びていますが、前月に比べると微減となっています。日本の災害に加え、米中貿易摩擦や上海総合指数(株価指数)の下落が今後じわじわと観光客の心理状況に影響を及ぼすのではないかと思います。その辺りも引き続き注視していく必要があると思います。