2019年10月の訪日外国人数と中国人観光客数

2019年11月20日発表の日本政府観光局(JNTO)の推計値によると、2019年10月の訪日外国人数は、249万人6,600人(前年比5.5%減)で、そのうち中国人観光客数は73万600人(前年比2.1%増)。全体の29.3%を占めていて、国別では9ヵ月連続で第1位となっています。



1日当たりの中国人観光客数は、31日で割ると2万3,567人、2019年9月と比較すると、1日あたり3,735人の減少となっています。また2019年11月の訪日外客統計の発表は12月18日(水)の予定です。

直近6ヵ月の中国人観光客数

2019年10月 730,600人(前年比2.1%増)
2019年9月 819,100人(前年比25.5%増)
2019年8月 1,000,600人(前年比16.3%増)
2019年7月 1,050,500人(前年比19.5%増)
2019年6月 880,700人(前年比15.7%増)
2019年5月 756,400(前年比13.1%増)

データ引用元

JNTO https://www.jnto.go.jp/
統計データ https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/

編集後記

勝手な感想で毎度恐縮です。8月から2か月ぶりに全体の訪日外国人数は前年割れとなっています。韓国人観光客の大幅減の影響が大きいですが、5月から5か月連続で前年比二桁増であった中国人観光客も微増にとどまっています。台風の影響も出たように思いますが、全体的に勢いが落ちているのは否めないように感じます。