松屋銀座の海外向けSNS施策

松屋銀座の海外向けのSNS施策の現状ですが、中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)とWeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。facebookは1つのアカウント内で英語、タイ語、繁体字による配信に取り組まれています。ホームページも5言語に対応されています。



松屋銀座Weibo

名称 松屋百货公司
URL http://weibo.com/matsuyaginza
開設 2012年1月26日

松屋銀座WeChat

名称 日本松屋银座百货
ID ginza-matsuya
種類 日本法人名義/サービス

松屋銀座facebook

名称 松屋銀座 (Matsuya Ginza)
URL https://www.facebook.com/ginzamatsuya/

松屋銀座の多言語ホームページ

英語 http://www.matsuya.com/visitor/en/m_ginza/
繁体字 http://www.matsuya.com/visitor/zh_tw/
簡体字 http://www.matsuya.com/visitor/zh_cn/
韓国語 http://www.matsuya.com/visitor/ko/
タイ語 http://www.matsuya.com/visitor/th/

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。WeChatでは越境ECのキャンペーン情報が配信されていますが、Weiboについてはあまり活用されていない感じがするので、WeChatで配信する記事をWeiboで併用してもよいかと思います。