高島屋の海外向けSNS施策

百貨店の中で特にインバウンド向け販売が好調の高島屋。そんな高島屋では、中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)とWeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。ホームページは、英語、簡体字、繁体字、韓国語に対応されています。



高島屋Weibo

名称 日本高岛屋
URL http://www.weibo.com/u/2389629452
開設 2014年9月30日

高島屋WeChat

名称 日本高岛屋
ID japan_takashimaya
種類 日本法人名義/サービス

高島屋多言語ホームページ

英語 http://www.takashimaya.co.jp/store/foreign/index.html
簡体字 http://www.takashimaya.co.jp/store/foreign/index2.html
繁体字 http://www.takashimaya.co.jp/store/foreign/index3.html
韓国語 http://www.takashimaya.co.jp/store/foreign/index4.html

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。インバウンド向け売上好調の要因は、SNSによる情報発信に限らず、Ctripアプリでのクーポン配信や動画配信等、様々な新しい取り組みが功を奏しているのだと思います。ユーザーの移り変わりが早いのが中国のサービスの特徴なので、その時々で旬なものを取り入れることが重要だと思いますね。