多慶屋の中国向け越境EC施策

御徒町と上野の紫色の建物でお馴染み、綜合ディスカウントストアの多慶屋では、中国のお客様に対して大手ECプラットフォーム(Tmall国際や京東)でなく、自社独自のECサイトを展開されています。



多慶屋越境EC

URL http://cn.takeya.co.jp/
種類 自社サイト型
対応言語 中国語

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。WeChat上でTmallが開けないことを考慮すると、自社独自のECサイトはWeChat公式アカウントとの相性が非常に良いと思います。あとは、如何にしてWeChat公式アカウントのフォロワーを増やし、更には越境ECの存在を広めていくかだと思います。周知された場合の利益は、Tmall出店よりも大きくなるという夢もあります。