春節から数えて15日目を意味する元宵節(元宵节,ゲンショウセツ)

旧正月を意味する春節は、日本で多くの人が知る単語となりましたが、同様に大事な単語が元宵節(ゲンショウセツ)です。



春節から15日目、つまり旧暦の1月15日を元宵節と呼びます。ランタンを飾ったり、元宵団子というもち米の団子を食べたりします。

2019年の春節

2018年は3月2日(金)が元宵節、旧暦の1月15日です。ちなみに春節は、2月16日(金)でした。

そもそも中国の旧暦とは?

1644年に清が制定した時憲暦を指すようです。詳しいことはわからないのですが、1年が約354日前後で構成されているため、現在世界で使用されているグレゴリオ暦と比べ、11日少ないため、毎年春節の日付は変わるんですね。

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。WeChatのタイムラインを見ると、団子を食べている写真を公開している友達が多いので、文化的要素の根強い日の一つなのだと思います。春節はすでに多くのインバウンド関係者が知っていますので、元宵節のことも知ることで、中国通として、差が付くのではないかなと思います。