三井不動産の海外向けSNS施策

三井アウトレットパークやららぽーと、ダイバーシティ東京プラザ等の商業施設を展開されている三井不動産では、中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)とWeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。アカウントは三井不動産として、様々な商業施設を網羅した情報配信に取り組まれているようです。ダイバーシティ東京プラザについては、単独でWeiboアカウントも運用されています。



三井不動産Weibo

名称 日本三井购物公园
URL https://www.weibo.com/u/5665040981
開設 2015年8月26日

三井不動産WeChat

名称 日本三井购物公园
ID mitsuifds
種類 中国法人名義/サービス

三井アウトレットパークの多言語ホームページ

英語 https://mitsui-shopping-park.com/mop/english/
繁体字 https://mitsui-shopping-park.com/mop/tw/index.html
繁体字 https://mitsui-shopping-park.com/mop/cn/index.html

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。アウトレットとららぽーとを切り離し、それぞれの屋号でアカウントを開設するという選択肢もお持ちだったかと思いますが、すべてをまとめて1アカウントで、全ての商業施設の情報配信に取り組む方法は結果として正しいと思います。切り離したところで、フォロワーが分散し、まとまったフォロワーを獲得することも容易ではないと思います。あとは、アカウント名称に「アウトレット」が含まれていないので、検索で引っかかりにくい可能性もあるため、その部分の工夫が必要になると思います。