お台場ダイバーシティ東京プラザの海外向けSNS施策

三井不動産グループがお台場で運営するショッピングモール、ダイバーシティ東京プラザ(DiverCity Tokyo Plaza)では中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)を活用されています。WeChat公式アカウント(微信公众号)は三井不動産として運用されています。ホームページは、英語、簡体字、繁体字、韓国語に対応されています。



ダイバーシティ東京プラザWeibo

名称 台场东京PLAZA
URL https://weibo.com/divercitytokyo
開設 2015年9月18日

三井不動産WeChat

名称 日本三井购物公园
ID mitsuifds
種類 中国法人名義/サービス

ダイバーシティ東京プラザの多言語ホームページ

英語 http://www.divercity-tokyo.com/en/
簡体字 http://www.divercity-tokyo.com/cn/
繁体字 http://www.divercity-tokyo.com/tw/
韓国語 http://www.divercity-tokyo.com/ko/

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。ダイバーシティ東京プラザの優位性は、SNS云々ではなく、世界中にファンを抱えるガンダムの活用がすべてだと思います。様々な国の方々がガンダムと一緒に写真を撮っている姿を見ると、日本のアニメや漫画を活用したスケールの大きな取り組みは、日本人も外国人観光客も惹きつけるのだと思います。