ヤマダ電機の海外向けSNS施策

遼寧省瀋陽にも店舗を構えるヤマダ電機では、中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)とWeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。ただし、WeChat公式アカウントは、瀋陽店をメインとしたもので、日本の店舗に特化したアカウントは現状ないようです。ホームページは、英語と中国語に対応されています。



ヤマダ電機Weibo

名称 山田电机Japan
URL http://weibo.com/yamadajapan
開設 2016年6月10日

ヤマダ電機WeChat

名称 亚玛达电器沈阳店
ID Yamada-denki
種類 中国法人名義/購読

ヤマダ電機の多言語ホームページ

英語 http://www.yamada-denki.jp/company_e/
中国語 http://company.yamada-web.cn/

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。例えば、日本に来店されたお客様が帰国後、商品をリピートしたい場合は、越境ECサイトのような空間で購入し、商品は瀋陽店から配送されるような仕組みを作れるといいのではないかと考えますが、簡単には構築できない関税の問題だったりあるのだと思いますね。