PARCO(パルコ)の海外向けSNS施策

J.フロントリテイリンググループのPARCO(パルコ)は、大丸松坂屋百貨店と同グループということもあり、中国向けのインバウンド施策に積極的に取り組まれているのかと思っておりましたが、Weibo(微博)やWeChat公式アカウント(微信公众号)などのSNSは、2018年1月時点では開設されていないようです。



ホームページは、英語、中国語、韓国語に対応されていますが、それぞれページがあるわけではなく、ボタンで概要のみ切り替わる仕様となっています。

PARCOの多言語ホームページ

HP http://www.parco.co.jp/customer/

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。SNS施策など特に取り組まれていなのは少々驚きですが、これから新たに取り組む必要もないのではないかと思います。運用によるコストを考慮すると、クーポンなどでお客さんに還元する形の取り組みに特化されたほうが最も効果的だと思います。