阪急阪神百貨店の海外向けSNS施策

阪急百貨店(11店舗)と阪神百貨店(4店舗)を展開する阪急阪神百貨店では、中国向けのインバウンド施策としてWeibo(微博)とWeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。阪急百貨店のホームページは、英語、簡体字、繁体字、韓国語、タイ語、阪神百貨店のホームページは、英語、簡体字、繁体字、韓国語に対応されています。



阪急百貨店Weibo

名称 阪急百货店梅田总店
URL http://weibo.com/hankyu1929
開設 2017年3月24日

阪急百貨店WeChat

名称 阪急百货店
ID hankyudept
種類 個人/購読

阪急百貨店の多言語ホームページ

英語 http://www.hankyu-dept.co.jp/fl/english/
簡体字 http://www.hankyu-dept.co.jp/fl/chinese-01/
繁体字 http://www.hankyu-dept.co.jp/fl/chinese-02/
韓国語 http://www.hankyu-dept.co.jp/fl/korean/
タイ語 http://www.hankyu-dept.co.jp/fl/thai/

阪神百貨店の多言語ホームページ

英語 http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/english/
簡体字 http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/chinese-01/
繁体字 http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/chinese-02/
韓国語 http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/korean/

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。WeChat公式アカウントの購読アカウントを活用し、ほぼ毎日配信されています。運用が大変な上、サービスアカウントと異なり、階層が深い場所への通知となるため、閲覧されにくいのではないかと思われます。個人的には毎日配信するよりも、配信回数を減らし、週1回より関心度が高いと思われるネタをサービスアカウントを用いて配信されたほうが、結果として閲覧回数は向上するのではないかと思います。