成田空港免税店Fa-So-Laの海外向けSNS施策

成田空港において免税店を運営するNAAリテイリングの店舗、FaSoLaでは、中国向けのインバウンド施策として、WeChat公式アカウント(微信公众号)を活用されています。



ホームページは、英語、簡体字、繁体字、韓国語の4言語に対応されています。

Fa-So-La WeChat

■アカウント名:成田机场免税店FaSoLa

■アカウントID:FaSoLa_SHOPS

■アカウントの種類:日本法人名義/サービス

Fa-So-Laの多言語ホームページ

■英語:https://www.fasola.jp/en/index.html

■簡体字:https://www.fasola.jp/zh-CN/index.html

■繁体字:https://www.fasola.jp/zh-tw/index.html

■韓国語:https://www.fasola.jp/ko/index.html

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。空港免税店のSNS運用は、方向性が難しいように思います。アカウントの存在をPRするために広告を使って、在中国の中国人にリーチしても、多くの方が日本旅行を予定しているとは言えないでしょうし、帰国直前に買い物をされた方にアカウントのフォローを促して、フォロワーになってもらっても、帰国後に配信される免税店の情報が有益とはなかなか言い難いと思います。SNSの活用よりも、訪日中の観光客にピンポイントでリーチをし、空港免税店で何が買えるのかをしっかり伝え、旅行中の買い物が不要で、ある程度の商品は空港で購入でき、わざわざ重い荷物を旅行中に運ぶ必要がないことを訴求したほうが効果的ではないかと思います。