【韓国】新世界(シンセゲ)百貨店の海外向けSNS施策

韓国で最も歴史のある百貨店、新世界百貨店では中国向けのインバウンド施策として、Weibo(微博)とWeChat(微信)公式アカウントを活用されています。



ホームページは、韓国語以外では、英語と中国語に対応されています。三越の京城店を前身とするようですが、日本語の対応はないようです。

新世界百貨店Weibo

■URL:https://weibo.com/shinsegaegroup

■開設:2012年6月18日

新世界百貨店WeChat

■アカウント名:韩国新世界百货店

■アカウントID:shinsegaedpt

■アカウントの種類:中国法人名義/サービス

新世界百貨店の多言語ホームページ

■韓国語:http://www.shinsegae.com/

■英語:http://english.shinsegae.com/english/main.asp

■中国語:http://english.shinsegae.com/chinese/main.asp

管理人の所感

勝手な所感で毎度恐縮です。韓国の百貨店や免税店のWeibo、WeChatのコンテンツのクオリティーは日本の小売店に比べて非常に高いように感じます。運用担当は、ライターであり、フォトショップやイラストレーターを活用できるデザイナーの能力も兼ね揃えた人材を起用していく必要があると改めて感じます。あと余計かもしれませんが、ホームページは日本語にも対応してほしいですね。